読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

ドローンでインバウンドビジネスを地方創生につなげる3ステップ

これからはドローンの時代

テレビでもこれはドローンの空撮じゃないかと思われるものが増えてきました。少しづつ日常生活にもドローンが活用されています。これをインバウンドビジネスに活用するとどんなものがあるか考えていきましょう。

 

ドローンでインバウンドビジネス 

1.地方の観光地を空撮

最初に思いつくのはこれ。地方の観光地を空撮してアピールしましょう。今まで撮れなかったような風景が撮影できます。空からの風景はなぜかワクワクします。

 

2.物語をつくる

特産の農産物を育てる風景を撮影してアピールすることも可能。例えば日本酒はこの山田錦から出来ていると田園風景を映し出せばさらに日本酒もおいしく感じるはず。寿司ネタの魚介類の漁業風景も同じくどの海の魚介類なのかわかれば東京の寿司もさらにおいしくなります。ドローンは物語(ストーリー)をつくることができるのです。

 

3.地方創生につなげる

このドローンで作成した物語を外国人にアピールしましょう。映像なので翻訳はある程度で十分。しかし少し外国語に翻訳しましょう。最初はインターネットの無料翻訳でOK。


外国語があるだけで伝わりやすくなります。簡単な単語でいいので英語、中国語、韓国語、日本語の4つは用意したいですね。ドローンで物語をつくってインターネットでアピールしましょう。