インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

山陰のインバウンドPR動画が200万回を突破した3つの理由

山陰のインバウンド動画が200万回突破

山陰のインバウンドPR動画が話題になっています。海外でも美しすぎると評判です。YouTubeにアップされた動画は20日間で200万回再生されました。

 

目標は100万回だったそうです。短期間で軽く突破しています。

 

今回はこの再生回数に注目してインバウンド分析していきます。突破した理由はこの3つ。

 

山陰のPR動画が200万回を突破した理由

ドローンをつかった4K動画が美しい

見ていただくとすぐにわかります。本当に「美しい」。言葉ではないわかりやすさがそこにあります。見ればわかるんです。子供もお年寄りもわかります。そして山陰に行ってみたくなることでしょう。動画はわかりやすいんです。こちらの記事に貼っているので見てみてください。

 

 

YouTubeの特性を活用

拡散というYouTubeの特性を上手く活用しています。撮影しただけでは広がりはありません。インターネットが普及したからこそ、そしてYouTubeが世界最大の共有サイトだからこそ拡散されました。インターネットもYouTubeも一般人に普及してない時代だったら別の方法で拡散しなければいけませんでした。今は便利な時代です。

 

広告配信効果

便利な時代に活用できるYouTubeも多くの動画があるので何もしなければ埋もれてしまいます。ここでどういう方法を取ったかというと広告配信です。マーケティング分析されたこの地域に広告配信されました。

 

イギリス
フランス
香港
台湾
韓国

 

山陰の米子空港には香港便も就航しています。

 


広告に費用がどのくらい掛かったわかりませんが100万回という目標は200%以上達成されています。インターネットのない時代はテレビ広告や雑誌広告だったはずです。時代は動いています。

 

今回の山陰のインバウンドPR動画は1つに絞り集中させました。成功例といえます。しかし動画を複数つくり成功した例もあります。これはどちらがいいというわけではなくマーケティングの方法が重要になってきます。

 

山陰のインバウンド動画の広告配信後の再生回数と実際の誘致活動にも注目です。