インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

インバウンドブーム5つの要因!JNTOの訪日観光分析

JNTOが考えるインバウンドの要因

JNTOとは日本政府観光局のこと。英語の頭文字を取ったJNTO:Japan National Tourism Organizationです。

 

そのJNTOが考えるインバウンドの記事によると、インバウンドブームの要因を5つにわかりやすくまとめてありました。訪日外国人増加の理由が整理してありました。

 

 

インバウンドブームの要因を1つしてマスコミは報道したがりますが実は複雑に関係しています。しかしある程度わかりやすく説明しないと難しくなります。5つという数はわかりやすくていいような気がしました。

 

インバウンドを理解するためには知っておかなければいけないことです。ここでさらに深く考えるべき点はこの要因がもともとあったものなのか、施策によって進行(ブーム)になったのかという点です。これもどちらかではなく複雑に関係しているのですが視点を持つことは大切です。

 

では5つの要因についてチェックしていきましょう。

 

インバウンドブームの5つの要因

日本のブランド力

自然風土、歴史、食、芸術、経済、スポーツなどもともとあるものです。これの見せ方が今注目されています。山陰のインバウンド動画が好例です。山陰の自然はもともとありました。しかし見せ方によって海外の反応に変化が起きています。

 

山陰インバウンドの参考記事

 

ビザ発給要件の緩和

これは日本政府主導のもとインバウンド観光を強化させた施策です。これによって多くの外国人が日本に来るようになりました。日本人はこの視点はまだまだ意識してない人がほとんどだと思います。しかし外国人にとっては重要な問題。日本政府も緩和と緊張のバランスが難しいんだと思います。

 

免税手続きの簡素化

これは円安と深く関係しています。円安で日本でたくさん買物をしていた現象を「爆買い」というようになりました。数年前はなかった新しい単語です。日本での買物をさらに促進させるのに免税手続きの簡素化は大きな追い風となりました。

 

アジアにおける中間層の拡大

この流れは大きいです。アジア経済が成長しています。多くの人が海外旅行できるくらいの収入を得られるようになりました。収入と同時に日本円と自国の通貨のレートも変化しました。円安です。アジアの経済成長と円安は深くインバウンドに関係しているのです。

 

LCCやクルーズ船の台頭

日本各地の国際線には今までは見なかった飛行機のロゴマークが並んでいます。成田や関空だけでなく地方空港にもいえることです。クルーズ船の寄港も増加しています。これらのLCCやクルーズ船の会社はほとんどが外国の会社です。まるで黒船がやってくるように空から海から押し寄せています。

 

5つのポイントを関係させてインバウンドを見ていくとさらに深いところまで見えてきます。