インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

香港人が苺をお土産にする3つの理由!インバウンドの現場から

香港人は苺が好き

苺の季節になると空港で見かける香港人はかなり高い確率で苺をお土産にしています。透明のパックが4つ入った箱を持っています。中には箱を5つ紐で結んで持っている人もいます。4パック×5箱=20パックです。

 

なぜこんなに香港人は苺が好きなんでしょうか。そしてなんでたくさん購入するのか。さらにはなんで他の外国人よりも香港人が苺をお土産にする確率が高いのかインバウンド分析していきます。

 

香港人が苺をお土産にする理由

おいしいから

香港人はグルメです。香港に行くとおいしいものはたくさんあります。安い食べ物でもおいしいんです。こんなグルメな香港人だからこそ苺のおいしさに気付くようです。舌が肥えているからこそ苺が人気なんです。

 

香港より安いから

香港にまったく苺がないかというとあります。空輸されて日系のスーパーや百貨店で売っています。この苺の価格が高いんです。もちろん輸送量も掛かるんですがそれにしても高い。賞味期限が短い新鮮な果物というのも価格に影響しています。だからこそ日本で香港より安くて新鮮な苺を購入しているのです。

 

日本らしいから

香港ではなかなか手に入らないものを欲しがります。香港にも南国のフルーツはたくさんありますが苺はなかなかありません。日本人がマンゴーを好きなように香港人は苺が好きなんです。

 

なぜ香港人は苺が好きなのか

せっかく買うなら持てるだけ買いたいという気持ちが何箱も買う購買欲につながっています。他の外国人と違うのは苺は香港でブームということもあります。空港で苺の箱を持っている人を見たら香港人ですか?と聞いてみてください。きっと当たります。