インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

台湾人目線の北陸魚津のインバウンドサイトがすごい7つの理由

北陸魚津のインバウンドサイト

台湾人が制作した北陸魚津のインバウンドサイトがすごくいいので、どこが素晴らしいか理由を整理したいと思います。これを見習うとインバウンドを促進したい自治体も勉強になるし、日本と仕事をしたい外国人も勉強になります。

 

 

日本の魅力を外国人がした方がわかりやすい時代がきています。

 

台湾人制作のインバウンドサイトのポイント

実際の体験談

サイトを制作しているのは魚津でワーキングホリデー中の台湾人の花ちゃん。実際に体験したことなので説得力があります。

 

写真がきれい

写真がきれいです。北陸や魚津の良さが表現できています。台湾人の好きなツボにしっくりきているショットが多いのも特徴です。

 

台湾人の花ちゃんが可愛い

花ちゃんの写真もちょいちょい出ています。この人が紹介しているのかと妙に納得します。顔出しのプラス面が出ています。

 

知識が豊富

ワーキングホリデー中なので知識が豊富です。わからないことはすぐに聞ける環境にあるからかもしれません。

 

台湾人向けの中国語繁体字

台湾人に向けた繁体字のみのサイトです。魚津+台湾人、このターゲットの絞りがサイトの良さを際立たせています。

 

facebookと連携

拡散しやすいようにfacebookと連携しています。台湾人はfacebookよく使っています。花ちゃん本人が1番よく知っているはずですね。

 

YouTubeを活用

やはり動画はわかりやすい。このサイトでも活用しています。

 

 

 あとはアクセスと集客

あとはアクセスを呼べればいい集客になり魚津に経済効果をもたらします。この集客が意外と難しいんです。

 

これからはこんなインバウンドサイトが増えるかもしれません。インターネット業者はすでに動いています。

 

花ちゃんもアクセスしだいでは今の給料を遥かに越える収入を手にする可能性もありますね。サイトはできているのであとはマネタイズの方法を学べばOKです。

 

固定概念にとらわれないインターネットを使った試みが始まっています。言語も国も地域も越えて消費は動いています。おもしろいのは頭が固い固定概念の塊のような人もスマホで検索していることです。ということはどういうことか。肩書のある偉い人より花ちゃんのようなニーズを捉えた人が消費を促し経済を動かすということ。経済を動かせばそれが仕事です。肩書は重要性をこれから無くしていくのかもしれません。この魚津のサイトはいい具体例です。

 

インターネットもインバウンドも可能性があります。これからの魚津のインバウンドに注目です。