インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

お花見観光インバウンドが流行!日本の桜に関するSNS投稿が増加

桜の季節はお花見インバウンド

毎年桜の季節になると外国人たちもわくわくします。

 

温かい日も増え桜のつぼみも膨らみ今年も桜の季節がやってきました。あんなに冬は寒くてストーブの前から離れられなかったのに桜はちゃんと春を知って花を咲かせようとしています。毎年のことですが何回見ても桜はいいものです。

 

お花見インバウンドを分析

こんな日本人の桜に対する思いを知ってか知らずか外国人観光客の間でも桜がブーム。日本を思い浮かべるときに富士山や寿司をイメージしますが上位ランキングに桜もランクインしています。

 

京都の桜がきれいですが日本全国に桜の名所はあります。代表的なところだけでもすぐにこれだけ出てきます。

 

 

桜を見に外国人観光客が多く来ているのにインバウンド対策を立てないのはもったいない話しです。インバウンドマーケティングしていくと桜だけでもいろんなビジネスが生まれます。こちらも参考にどうぞ。

 

 

具体的にいうとどんな桜インバウンドがあるかといえばこんなものを思いつきました。イメージの数だけ桜インバウンドビジネスは生まれそうです。

 

 

お花見インバウンドSNS投稿

SNS投稿もこの季節は多くなります。


①桜がきれい

②桜の写真をスマホで撮る。

③SNSに投稿する。

④友達が「いいね!」する。

⑤拡散された写真が日本の桜ブランドを高める。

 

こんないい流れがあります。国地域によって使用率の高いSNSは違いますが、facebook、インスタグラム、LINEなどです。特に写真に特化したインスタグラムは投稿数が増えるはずです。#sakura #(地名) のハッシュタグで検索してみてください。

 

関連記事