インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

インバウンド実務主任者認定試験の内容予想と合格のための勉強法

インバウンド実務主任者認定試験の内容

インバウンドに関する試験が実施されます。

 

第1回インバウンド実務主任者認定試験
日時:2017年7月9日
受験料:1万円(税抜)
主催:一般財団法人全日本情報学習振興協会

 

検定合格のメリットと活用法

1.証明(仕事前)

合格証書と合格カードが交付されます。履歴書に書け、就職、転職での能力証明になります。就職試験で学生がアピールする材料にもなります。

 

2.ビジネス(仕事の現場)

成長するインバウンド業界において競争を勝ち抜くひとつの判断基準になります。企業も個人事業主も講師業をしている人も説得力が増して仕事がしやすくなります。

 

インバウンド実務主任者認定試験の内容予想

推奨の書籍が申込ウェブサイトに紹介してあります。ウェブサイトの出題項目を見ればインバウンドを俯瞰して網羅できている人材が合格できるようです。どれも今インバウンドの現場で起きていることです。旬の話題はインターネット検索で勉強した方が詳細がわかるかもしれません。インバウンド業界はこれからも見据えています。2020年東京オリンピックもそのひとつ。試験内容も今まで(過去)とこれから(未来)が入り混じった内容になるはずです。

 

インバウンド実務主任者認定試験に関する見解 

インバウンドが認知され成長している証拠

数年前までインバウンドという言葉は誰も知りませんでした。訪日外国人のことを指すようになったのはつい最近のことです。インバウンド業界が成長している証拠です。受験する見込み人数が多いということでしょう。多いからこそ試験にまでなっているのです。

 

勉強は体当たりでもOK

今までもインバウンドの仕事はありました。インバウンドの資格がなくても体当たりで仕事をやってきました。現場を見ていたわたしとしては「こうやって資格試験ってできあがるのかぁ」という複雑な気持ちです。視点を移せば体当たりでも勉強できます。勉強と同時並行が望ましいはずです。なぜならインバウンドの業界は時代の流れが早いから。数年後に合格してから仕事を探すのではなくもう現場に飛び込むことをおすすめします。

 

このサイトをよく読むべし

インバウンドの現場も試行錯誤です。このサイトを読めば今まさにインバウンドというものが出来上がっていることに気付くでしょう。試験を受ける人も合格した人もこのサイトを読めばインバウンドの流れがわかります。これからも記事を書いていきます。

 

おすすめ

カテゴリ別目次

上記の記事で情報量の多いインバウンドを整理するといいでしょう。 

 

インバウンド実務主任者認定試験の勉強法

新しい試みや他業種との結びつきが多いのもインバウンドの特徴です。合格すると現場ではすぐに実践的なことを求められるでしょう。このサイトではいろんなアイデアも提案しています。SNSを使った集客や、地方創生の可能性、アニメの聖地巡礼。地方創生がインバウンドと結びついたのも訪日外国人が増加してからです。マニアックな日本を見たい外国人は多くこれからも増えることでしょう。

 

視点の移動や結びつけ方がインバウンドでは具体的に求められます。インバウンドは現在進行なのです。

 

インバウンド実務主任者認定試験の机の上の勉強と同時並行で最新のニュースや現場での実体験を行っていくといいでしょう。それが試験の内容であり合格のための勉強になるはずです。

 

中国語勉強のすすめ

インバウンド実務主任者認定試験には「インバウンド会話(英語・中国語・韓国語から1言語選択)」があります。ちなみに中国語検定3級以上など資格をすでに持っている人は免除されます。

 

この資格を目指す人も資格を取得してからインバウンドの仕事をする人も中国語を勉強しておくといいでしょう。

 

理由は中華圏の訪日外国人が圧倒的に多いからです。これからも増えるでしょう。

 

インバウンド実務主任者認定試験に資格に合格しやすくなるだけでなく仕事探しのときに役立ちます。中国語を話せる日本人は少なく武器になるからです。

 

中国語単語無料メルマガ

こちらに中国語基礎単語500を無料で学べるメルマガがあります。まずはここからスタートしてもいいでしょう。