読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

WiFiで訪日外国人の行動を分析し集客するインバウンドサテライト

訪日外国人は日本のどこにいるのか?

訪日外国人観光客は2014年に1300万人を突破し、2015年は9月に1300万人を突破。只今新記録更新中です。成田空港や関空や秋葉原や銀座に行けば外国人観光客はいます。しかし年間2000万人が訪日する勢いの外国人は日本のどこにいるのでしょうか?

 

日本のどこにいるかわかれば、集客も簡単にシンプルにできます。これをWiFiを活用することによって可能にしたサービスがあります。

 

WiFiを活用するのでこんなことがわかります。

 

1.どこに外国人がいるのか。

2.使っている言語や国籍はどこなのか。

3.何時間くらい同じ場所に滞在しているのか。

4.時間帯・曜日の分析。

5.過去との比較分析。

 

このサービスを提供するのがインバウンドサテライトです。

 

まずはどのくらいの人数の外国人がこのWiFiサービスを利用するのかがポイントです。多ければ多いほど活用できるデータになります。

 

ピンポイントで外国人のいる場所がわかれば集客につながる

単純計算で1日5万人の365日で1825万人です。春節や国慶節にはピークが来ますが、単純に平均すると1日に5万人前後の外国人観光客が日本にいることになります。滞在日数を考えると5万人以上の人が日本にいます。

 

この外国人観光客がどこに何時頃いるのかピンポイントでわかれば、そこに向け集客の力を入れていけばいいのです。商店街やショッピングモールの人は活用しがいがあるはずです。ショッピングモールに来る時間がわかれば、その時だけに割引きセールを告知して集客することができます。サンプルを配るのもいいでしょう。時間限定なのでアルバイトの雇用時間も少なくて済みます。

 

WiFiでデータがわかったあとは集客する方法や販売する方法が次にポイントになってくるはずです。