読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

花見グルメインバウンド!上野公園の訪日中国人急増3つの理由

上野公園の桜インバウンド

上野公園の桜がきれいです。そして上野公園に中国人観光客が急増しています。インバウンドで訪日外国人が増えているとはいえ上野公園の状況はちょっと異様かも。でも桜はきれいだし花見もしたいので日本人も大勢この季節を楽しんでいます。

 

上野公園の訪日中国人急増の3つの理由

上野公園に急増している中国人観光客。なぜ集中しているのか理由を探ってみました。

 

日本で花見といえば上野公園

北京といえば故宮、台湾といえば九份、上海といえば豫園。日本人からするとこんなイメージでしょうか。他にもいいところはたくさんあります。しかし限られた日程の中で行くとすれば上記のようなところ。

 

これが「日本で花見といえば上野公園」という図式になっています。外国人にとっては上野公園の花見が日本の桜なのかもしれません。外国のガイドブックやウェブサイトに載っています。これを見た中国人観光客が上野公園にやってきています。

 

上野公園は交通便利

ツアーの団体客も上野公園は東京の中でも行きやすい場所。電車はもちろん東京の真ん中でありながら大型バスでも行くことができます。美術館や公園の敷地の広さがプラスに作用しています。

 

ツアー会社も上野公園のツアーを組み入れやすいという理由があります。花見は無料だし。桜はツアーの目玉商品になります。ただし迷子には気を付けなければいけません。

 

上野公園でお花見グルメ

上野公園の桜もきれいですが、露天がたくさんあるのでグルメも楽しめます。まるでお祭り騒ぎ。

 

夜市や露天はアジアの街にあります。しかし、グルメの内容が日本なんです。外国人にとってはこんなB級グルメも大喜びです。

 

たこ焼き

イカ焼き

焼きとうもろこし

和牛串焼き

お好み焼き

などなど

 

日本人は当たり前でも外国人にとってはグルメ天国。海外でも出店している食べ物はありますが露天は安くておいしいと評判です。

 

そしてなんといっても桜を見ながら花見グルメが楽しめます。これが桜が咲く時期限定の外国人がやりたいコト消費なのです。