読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

越境ECでミキハウスの福袋を世界に転売するグローバル商人

越境ECで転売されている日本の福袋

お正月に売れたものといえば福袋。福袋でも中国人たちは商売をしています。商魂たくましいと言いたいところですが、福袋を販売している日本人も商魂たくましいことをお忘れなく。

 

いろんな企業が福袋を販売しています。中国の越境ECのインターネットやSNSサイトを見ているとよく出てくる福袋がSnidel(スナイデル)。

 

日本人女子にも人気のブランドです。中国人のファッションを見て日本人と間違えた経験は無いでしょうか?ファッションが同じだと間違うのも当たり前です。見た目から同じになってきているのです。

 

スナイデルの福袋の他によく目にしたのはベビー用品の福袋。もうすぐ赤ちゃんが生まれる家庭やすでにいる家庭にとっては必需品が揃っています。ミキハウスの福袋も人気です。

 

福袋が外国で売れる要素

福袋が売れる要素として

1.日本人にも人気の商品が欲しい

2.日本人と同じ贅沢をしたい

3.日本の通常販売より安くてお得

こんな要素があります。

 

越境ECシステムを使うコスモポリタン商人

福袋を購入するときのイメージとして正月に並んで買うイメージがあります。実際に並んで購入する人もいます。しかし、今の時代はインターネットで購入しインターネットで転売する人が多くいます。仕入れて販売するを個人で行っている人がいます。

 

中国の越境ECで販売する際に購入する人は中国人ですが販売する人は中国人の場合もあれば日本人の場合もあります。複数人数で販売する場合は国籍がいろいろいることもあります。

 

越境ECは買う側だけでなく販売する側も国を越え越境なのです。ここには飛行機は必要ありません。これからもこの越境システムは増えていくはずです。グローバル商人が増えていくことでしょう。

 

そしてこの流れはお正月の福袋だけでなく季節を問わず行われています。