インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

自治体の地方創生インバウンド動画5選!4Kドローンが流行

自治体の地方創生インバウンド動画は4Kドローンが流行

最近の自治体の地方創生インバウンドはこれらがキーワードになりYouTubeに動画がアップされています。外国人を誘致するために動画が活用されています。そして単なる動画ではなくこれらの要素と組み合わせられています。

 

YouTube

4K動画

ドローン

 

YouTubeは利用者のことを考えたらこれが一番です。無料で世界中の人が利用できます。テレビや紙媒体からアピール方法が変化しています。昔はガイドブックに広告を掲載したり、現地のマスコミに広告を出したりしていました。しかし今はインターネット全盛。言語ではなく映像で伝える動画が効果を上げています。

 

4K動画もキーワードです。スマホで見るだけなら4Kでなくても構いません。しかし同じ動画を大きな画面で見た時は4Kが美しい。自宅のテレビ画面で見る人もいるでしょう。自治体は空港や駅でプロモーションもするでしょう。その時に4Kが活躍します。4K動画をつくるインバウンド業者も増えてきました。

 

ドローンが景色を美しく映し出します。空撮は今まで気軽にはできませんでした。しかしドローンの登場によってこれが可能になりました。空から見た日本の田舎は外国人が求めるニーズにぴったりなのです。

 

すべて組み合わせているところもあれば一部を組み合わせているところもあります。外国人目線で見るとまたいつもと違う日本が見えてきます。

 

地方創生インバウンド動画5選

山陰

再生回数が200万回を越えたことで話題を呼んでいます。

 

大分県

温泉で有名な大分県。温泉でシンクロナイズドスイミングします。

 

石川県

加賀(KAGA)をレディガガに文字って動画を撮影。温泉女将がたくさん登場します。

 

佐賀県

日本の田舎がこんなにきれいなものなのかと思うほど4K動画の威力を発揮しています。

 

鹿児島県

鹿児島はインバウンド素材の宝庫。外国人が喜ぶコト消費がたくさんあります。

 

YouTube動画で世界に発信する日本の自治体

言語ではなく映像という点でやはり動画はいいアピール手段になっています。再生回数を伸ばすのはやはりコツが必要です。費用を掛けた広告配信もひとつの方法です。自治体なので費用はあるかもしれません。もしくは補助金を国に申請したのかもしれません。しかし広告集客それは一時期のものです。

 

長く多くの集客を見込みたいのならインターネットの特性を知らなければいけません。そうじゃないとYouTubeにアップしてここから集客しようということに結びつきません。今後はどこの自治体も長期的なYouTube集客戦略が必要になってきます。上記リンクにも集客方法は書いているので参考にどうぞ。