読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

Airbnbだけじゃないインバウンド個人旅行に役立つサイト3選

Airbnbだけじゃない世界のスタンダード

Airbnbが話題になっています。民泊はOKなのかだめなのか。そんな議論とは関係なく外国人観光客はAirbnbを利用して日本で宿泊しています。日本のスタンダードより世界のスタンダードに影響される時代なのです。

 

インターネットサイトや実際に日本に来て個人旅行している人に聞くとまだまだ役立つサイトがあります。これも民泊問題と同じように規制がありそうですが規制緩和に世界のスタンダードに流れていきそうです。

 

インバウンド個人旅行におすすめのサイト3選

インバウンド個人旅行客に人気のサイトを3つ紹介します。便利なサイトばかりです。

 

Uber(ウーバー)

自動車配車サービス。タクシー代わりに利用する人が急増中。海外で日本人の友達がいつも気軽に使っていました。Airbnbと同じように話題になるとタクシー業界との戦いがありそうです。世界のスタンダードは日本で浸透するのか?

 

Opentable(オープンテーブル)

レストランの予約がオンラインでできます。これを事前に利用すると、どこにいってもいっぱいで座れないということがありません。誕生日や結婚記念日など大切な日にさらに利用価値が高まります。

 

Voyagin(ボヤジン)

ありきたりのツアーじゃおもしろくないと思っている人に現地の人と体験できるツアーです。TVチャンピオン優勝者と一緒に行く築地ツアーなどがあります。日本のホスト(提供する人)の数は世界の中でも意外と多いんです。

 

どれも名称を検索すると出てきます。

 

日本は昔から和洋折衷が得意

これからさらに増加していく世界のスタンダードな観光システム。世界では普通なことを日本はどう受け入れるか、その折衷が上手なのも日本の特技です。

 

和洋折衷が昔から得意な日本。この流れをどう日本の中に取り入れるのか。

 

漢字を取り入れひらがなカタカナを上手くおり混ぜたようにこのサービスも日本にいつのまにか溶け込み、日本独自の発展をするかもしれません。発展したときはあたかもそれは昔から日本にあったかのようなサービスになるでしょう。これまで日本はこんな折衷が得意でした。

 

最初は拒否反応や既得権益でなかなかスムーズにいきませんが、便利なものは溶け込んでいくのが世の常。この新しいサービスを目の前にして、奈良時代や平安時代や室町時代の和洋折衷と重ねあわせて見ていました。そう考えるとインバウンドもよく見えたりします。