インバウンド観光ニュース2017!消費需要と集客アイデア

最新のインバウンド観光ニュース2017と集客アイデアをお届け。訪日外国人消費需要はどこにあるのか。体験型コト消費、インバウンド株価もマーケティング。SNSのWEB集客も紹介します。おすすめはYouTube動画。地方創生にも活用可能です。

熊本地震はインバウンドに影響しているのか?今後の外国人の九州観光の動向

熊本地震の外国人への影響

熊本地震の当日は外国人は九州を観光していました。地震なんて誰も予想できないのでいつも通り多くの観光客が熊本にも阿蘇にも由布院にも訪れていました。そして地震が起きました。

 

地震のときのことを韓国人観光客にインタビューしました。

 

韓国はあまり地震が無いからびっくりしたよ。日本は好きだし九州の食べ物は好きだけど地震はもう嫌だね。今度来るのはいつになるかわからないな。。。

 

やはり地震は外国人にとっても嫌なものです。外国人に限らず日本人も熊本や九州の旅行をキャンセル人が多くなってきました。ゴールデンウィークはどこの観光地も稼ぎどきなので大打撃でした。

 

韓国人観光客の熊本地震の状況についてまとめてあるNEVERの記事があるのでチェックしてみてください。

 

今後は地震が落ち着くまでインバウンド外国人は減少するとの予想でした。当たり前といえば当たり前です。日本人も九州旅行はしばらく少なくなりました。

 

熊本地震の今後のインバウンド対策

ではどうやってインバウンド対策していったほうがいいのか?

 

正直な状況を伝えていった方がよさそうです。今、国内も海外もメディアはインパクトのある映像を報道しています。それも本当のことですが安全なエリアもあります。SNSを使って現状を伝えていくといいでしょう。

 

SNSは写真や動画も手軽に添付できます。被災状況だけでなく外国人観光客に対して必要な情報を流せば戻ってくるはずです。それだけ日本が魅力的なことはわかっているのだから。まだまだ余震も続いていますが外国人に向けての正直な情報発信は今後のプラスににつながっていくはずです。

 

正確な情報をいち早く伝えることが大事です。

 

地震後1年が経った今

外国人観光客は熊本に戻ってきました。日本人も普通に生活しているのでどこが危険でどこが安全か知っているようです。

 

地震から1年が経って九州や熊本を観光している外国人の姿が目立ちます。日本人、外国人ととらえるよりアジア人ととらえて地震後の観光に力を入れたらいい方向に進みそうです。

 

ツイッターやインスタグラムで熊本の地名を入力してチェックしているはず。現状を伝えることがまずは先決です。

 

1年が経って台湾人にインタビュー

台湾人観光客が熊本を観光していたので地震のことを聞いてみました。

 

Q:地震に対して不安はありませんか?

 

A:不安がまったく無いわけではないけど、熊本には魅力的なところがたくさんあるでしょ。そこに行きたいの。台湾も地震はあるし、熊本だってみんな人が暮らしているじゃない。観光したいっていう気持ちの方が大きくなったから熊本に来ました。温泉も気持ちよかったし、とんかつも苺もおいしかったわ。

 

不安より熊本の魅力の方が勝っています。きちんとした地震対応をしておけば観光客は戻ってきています。